必見!マンスリーマンションのメリットと注意点について

費用負担を抑えて利用出来る

賃貸マンションを借りるとなると様々な費用負担が発生します。敷金や礼金の他にも、家具や家電などを揃える必要があります。それらの費用を一気に支払うとなるとかなり負担が大きいです。その点、マンスリーマンションでしたら敷金や礼金は必要ありませんし、家具や家電も設置されていますので、費用負担を抑えてすぐに入居することが可能です。また水道光熱費も賃料に含まれているケースが多いですので、賃貸マンションに比べて割安感があります。

保証人不要など手軽に利用出来る

賃貸マンションの場合は保証人が必要になったりと、契約に多少手間がかかってしまいます。マンスリーマンションでしたら保証人不要でも借りることが可能です。また入居審査も一般の賃貸マンションに比べて緩やかですので、手軽に利用することが出来ます。しかしこれらのメリットは裏を返せば誰でも容易に借りることが出来るということにもなりますので、入居者のモラルが低いなどの問題点も発生しがちです。契約前に不動産会社にトラブルの有無などについて確認しておくことが大切です。

1年程度の利用が最適

マンスリーマンションを利用する場合は何かしらの目的があることが前提となります。出張先の滞在場所や自宅の立替の為の仮住まいなどの理由で利用するケースがありますが、この先何年も住むために借りるにはあまり適していません。その場合は一般の賃貸マンションやアパートを借りることをお薦めします。マンスリーマンションは1年程度の利用の場合が、費用的にも割引率が高くてメリットが大きいです。ただし利用料の支払いは基本的に一括前払いですので、長期になれば最初に多額の資金を用意する必要があります。

マンスリーマンションの利点の一つに、敷金礼金がいらないということが挙げられます。さらに、ホテルを借りるより安く済む場合がほとんどなので、コスパはかなり高いです。