どんなことをするの!?飲食店の作業内容とは

あいさつは基本中の基本

飲食店で働くとなると、主に接客が仕事のメインということになります。飲食店の接客は、他のすべての業種の接客業と同じように、あいさつが何よりの基本となります。来客があれば必ず元気よくあいさつをしますし、お客さんが帰るときも同じようにあいさつをします。あいさつをするときの心構えとしては、必ず相手の方を向いてするということです。相手を見ないままあいさつをしてしまうと、どうしてもなおざりな印象を与えてしまうので気を付けましょう。

飲食店で最初にすること

飲食店の業務で最初にすることといえば、お客さんの誘導です。お客さんがやってきたら、まずはテーブルに誘導しなければいけませんよね。しかし間違いなく誘導するためには、テーブルの番号や位置関係などをしっかりと把握しておく必要があります。いわゆる卓番と呼ばれる各テーブルの番号をまず覚えないことには、お客さんを誘導することができないので、飲食店でアルバイトをすることになったら最初に覚えなければいけないことなのです。

間違えずに注文を取る

お客さんを誘導したら、次にしなければいけないことは注文を取ることですね。注文を取るのは簡単なようでいて実はそうではありません。最近では小型の端末でもって注文を取るケースが多いですが、しかしそうした小型の端末はボタンの位置などを覚えるのも簡単ではなく、初めのうちはメモを取りながら注文を取った方が確実です。小型端末のボタンを覚えることも大事な仕事ですが、覚えるまでは正確に注文を取るためにメモを持ち歩いておくようにしましょう。

仙台での飲食店なら求人では、アルバイトやパート、正規職員など多くの雇用形態で採用しているので良いです。